トップページ >> 北海道医療ニュース
北海道医療ニュース 2021年(令和2年)1月15日付

北海道医療新聞社 01/15(金)配信

追加的健康確保措置など整理暫定水準医療機関は21年度計画策定


 厚生労働省は、「医師の働き方改革の推進に関する検討会」でこれまで議論してきた、診療従事勤務医に2024年度以降適用される時間外労働上限規制の枠組み、追加的健康確保措置の義務化や履行確保、医師労働時間短縮計画や評価機能などの枠組みについて整理した中間取りまとめを公表した。今後、社会保障審議会医療部会の了承を経て、通常国会に「医師の働き方改革関連法案」を提出する予定だ。

4分の1が外来休止・病棟閉鎖に―全自病協コロナ実態調査


 全自病協がまとめた、第3回「新型コロナウイルス感染症実態調査」結果によると、診療体制の影響では、院内感染によって外来休止が14.8%、病棟閉鎖が16.4%、外来休止と病棟閉鎖が24.6%みられた。また、コロナ対応等を理由に職員(常勤・非常勤)退職があった病院は11.5%あり、コロナ受入病院は17.2%と高く、看護師・准看護師が34.9%、看護助手が31.7%、事務が19.0%、医師、その他医療従事者が各7.1%などとなっていた。

北大神経内科研究Gダニ媒介性脳炎見過ごされた感染者判明


 北大神経内科学教室の佐々木秀直名誉教授、矢部一郎教授、長崎大感染症共同研究拠点の好井健太朗教授(元北大獣医学研究院)らの研究グループは、道内の神経疾患患者2千人と健常者246人にダニ媒介性脳炎の抗体検査を行い、これまで報告された5人以外にも感染して脳炎や髄膜炎等を発症した人や、無症状の人がいたことが明らかになったと発表した。矢部教授は「軽症のウイルス性髄膜炎の中に、ダニ媒介性脳炎が見過ごされていたことが分かった。今後さらなる調査研究やワクチン開発が必要になる」と話している。

北海道がんセンター本館完成診療拠点機能が強化


 白石区の北海道がんセンター(加藤秀則院長・430床)は、新病院整備計画の2期工事を終え、本館の供用を開始した。高度がん手術への対応や個室増に伴う療養環境の向上など、本道のがん診療連携拠点病院として、一層の機能強化が図られた。別館と本館一部の建設は、1期工事で終えており、旧病院解体と外構・駐車場整備の3期工事を経て、10月にグランドオープンする予定だ。

豊生会エルパサICTリハで多様なニーズに対応


 東区の通所介護「次世代型デイトレセンター ライルパークSapporo(エルパサ)」は、運動、栄養、社会参加をコンセプトにeスポーツといった現代的要素も取り入れた豊富なプログラムを提供。ICTによる機能訓練計画を活用し、多様化する高齢者のニーズに対応することで、着実に登録者数を増やしている。

北海道医療ニュース一覧

2020年10月23日(金)

医師適合率5年連続90%台

2016年09月02日(金)

道内透析患者、初の減少

2016年01月01日(金)

動き出した国際化

2015年04月17日(金)

道、周産期医療の実態把握へ

2015年03月06日(金)

道、女性医師支援強化へ

北海道・札幌で転職をお考えの薬剤師の皆さま、まずはキャリア・フォースへお気軽にご相談ください。

「新しい職場で心機一転チャレンジしたい!」「給与・待遇アップを目指したい!」「自分や家族の希望を優先した無理のない働き方をしたい!」など、あなたの置かれている環境によってお仕事選びの基準は変わってくるものです。キャリア・フォースでは専任コンサルタントがあなたを担当し、情報収集から面接の設定、条件交渉など転職活動全般をしっかりとサポートします。だからこそ在職中で忙しい薬剤師さんも希望する職場へと安心して転職することができるのです。まずはお気軽にご相談ください。

職業紹介派遣 無料仮登録 開業支援事業

個人情報保護方針 Q&A 関連リンク 会社概要

お問い合わせ TEL.011-736-1113